2019年「ふくい県民総合文化祭」

第70回福井県総合美術展 「県美展」

多様な表現に挑戦



第70回県美展は盛況のうちに終了しました。
応募者、ご観覧の方々、福井県立美術館はじめ関係機関の皆様にご協力いただき、感謝申し上げます。
 「県美展」の愛称で親しまれてきた本展は、日本画、絵画造形、彫刻、工芸、書道、デザイン、写真の7部門の県下最大の公的な総合美術展です。1948年(昭和23年)に第1回福井県総合美術展が開催され、本年で70回を迎えました。
 2012年10月に県美展の無鑑査会員により「福井県美術の会」を設立し、本年より主催者名を福井県美術の会 県美展運営委員会に改め、これを機に福井の美術力の向上と発信に一層取り組んでいきたいと思います。
 第70回県美展のテーマを「多様な表現に挑戦」とし、様々な表現に挑戦した新鮮な作品を期待しています。今年も、県内の小中学生を対象とした公募による「子ども展」を開催しました。
 前期展は一般公募の入賞作品と入選作品を展示、後期展では公募の上位入賞作品と会員の作品を展示。同時に「子ども展」の入賞入選作品も展示しました。


 第70回県美展案内パンフレット

 
 

 
 


    第70回県美展開催日程(全日程は終了しました)
搬入

2019年 10月12日(土)

審査 10月13日(日)
開場式 10月17日(木) 10:00〜
前期 10月17日(木)〜22日(火)
前期搬出   10月23日(水)
後期  10月25日(金)〜30日(水)
表彰式

< 一般入賞者 >
10月22日(火・祝日)
13:30〜15:00

< 子ども展表彰式 >
10月27日(日)
10:00〜11:00

後期搬出 10月30日(水)


◆開催時間:9:00〜17:00 10月17日(初日)は11:00開場

◆会場:福井県立美術館
福井市文京3丁目16-1 →交通案内・地図

イベントチラシ
記念講演会: 2019年10月26日(土) 14:00〜15:30
 ・会場: 地下講堂
 ・講師: 越前松平家 松平 宗紀 氏
 ・演題: 霞会館と伝統文化
 ・松平氏が創作した陶と書の作品を、後期展の工芸部門会場で展示しました。

アートツアー:10月19日(土) 15:00 〜 17:00
会場: 展示会場

・受賞作品について、各部門の県美展審査員が、鑑賞のポイントや制作上の工夫などわかりやすく解説しました。


ギャラリートーク:10月22日(火・国民の休日) 15:00 〜 17:00
会場: 展示会場

・受賞者が入賞作品について解説や制作過程での苦労話など、
審査員と観覧者を交えての楽しい交流の場を設けました。



70回開場式テープカット
・開場式、来賓によるテープカット 
 70回開場式 アンサンブル演奏
・開場式、フルートアンサンブルの演奏
 アートツアーの様子
・アート ツアーの様子



● 第69回(2018年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真
開場式、表彰式、会場風景
 
● 第68回(2017年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真
子ども展
開場式・会場風景

● 第67回(2016年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真
子ども展

第66回(2015年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真

第65回(2014年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真

第64回(2013年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真

第63回(2012年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真

アルアルアート展
第62回(2011年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真

アルアルアート展

第61回(2010年)の入賞作品紹介

日本画
絵画・造形
彫刻
工芸
書道
デザイン
写真




県美展は、県美展無鑑査会員により構成された【福井県・美術の会】が組織する県美展運営委員会のボランティア活動によって開催されています。
また、運営にかかる費用は、出品料、入場料を主な財源としており、美術館の使用料と展示作業や印刷費等にかかる費用の一部に福井県からの助成がありますが、福井県および福井県立美術館が主催する事業ではありません。

<第69回県美展運営委員会事務局>
 910-0124 福井市天池町38−25  酒井方
TEL 080-8693-3056(酒井)  FAX 0776-56-3117
お問い合わせ:




 ・本サイトの内容を無断転載・複製・改変することを禁止します。
 ・応募作品の著作権は作者に帰属します。